施工事例

東京都多摩市 外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事

  • Before

  • After

担当からのコメント

築15年の住宅を外壁塗装したG様邸の施工事例です。
新築時からこれまで1度も外壁の塗り替えを実施されなかったG様。
「外壁もかなり汚れてきたし、そろそろ塗装工事を考えている」と、今回ご相談をいただきました。
外壁は、サイディングボードと呼ばれる外壁の表面に貼りつけて用いる板状の外壁材で出来ているサイディング外壁。
表面に白い粉が浮き出てくるチョーキング現象が発生していました。
チョーキングは、塗料に含まれる顔料が劣化し、粉状になり発生します。
チョーキングが外壁に起きているようであれば、外壁塗装を実施するべきタイミングです。
まず、外壁に付着している汚れやホコリ、ススなどを洗い流すため、高圧洗浄を行います。
チョーキングにより発生した粉も、高圧で洗浄することによりきれいに洗い流すことができます。
養生作業を完了し、古いコーキングを取り除き、全て撤去したら、専用の道具を使用して、新しいコーキングを打ち込みます。
打ち込んだコーキングはそのままだとデコボコしているので、表面を平らにならしたら補修作業は完了です。
コーキング補修までの作業が完了すると、屋根、外壁を塗装する工程へと入ります。
屋根、外壁塗装では「下塗り・中塗り・上塗り」の3度塗りで施工しました。
施工が終わると、ツヤを帯び、まるで新築住宅を見ているかのようにピカピカの仕上がりになりました。

施工内容外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事
使用材料スーパーセランフレックス
工事日数17日間

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る