現場レポート

国立市にて屋根破損の手直し!

2019.7.25

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は国立市内のお客様邸にて屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
新たな現場のスタートでしたので、足場立てを行なって行きます。
 
足場を立て中に、屋根に登り作業をしているとある部分に目がいきました。
 
写真の部分が二枚だけ折れてしまい、無くなっている状況でした。
 
お客様に雨漏りは無いか伺いましたが、雨漏りはないという事でした。
 
ここまで完全に無くなっている状態にもかかわらず、雨漏りが無いのは不幸中の幸いだと思います。
 
コロニアルは軽量でとても施工しやすく、近年主流の洋風家屋に使用されています。
 
ですが瓦に比べると強度が劣ってしまうという事実もあります。
 
こういった劣化はコロニアルには度々起きます。
 
こうなってしまっては補修を行うことができません。
 
その為業者さんに来てもらい、すぐにコロニアルの張り替えを行なって頂きました。
 
補修を行える場合はコーキングやパテなどを使用するのですが、一番状態が改善されるよう努めることが大切ですので最善の対応を取れるよう心がけています。
 
次回から洗浄作業を行なって行きたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る