施工事例

INGコーポレーションで施工させて頂いた物件をご紹介いたします。
それぞれの施工実績により詳しい作業内容や写真がありますので、ぜひご参考にされてみてください。

  • 東京都立川市 外壁塗装 棟板金工事 雨樋修理 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    T様より、外壁リフォームの施工事例になります。

    数年前に一度他社で見積もりをとったところ、高額なため、一度見送ったとのことで、今回想定されていた、ご予算に合わせてのお見積もり、ご提案をさせていただきました。

    外壁はモルタルが採用されており、経年での汚れや、色褪せ、軽微なクラックが確認されたので、外壁塗装前にまずはクラック補修を行いました。

    細かい補修は必要な状態でしたが、大掛かりな補修は必要とせず塗装メンテナンスを実施できる状態でした。

    足場を組み、高圧洗浄と外壁補修を終え、外壁の塗装へと入っていきます。

    今回上塗りはファインパーフェクトトップで塗装しました。

    次に屋根の塗装工事に入っていきますが、棟板金の下地木材が腐食していましたので、塗装の前に下地木材と棟板金の交換工事を行います。

    このままにしておくと、台風などの強風時に棟板金が飛んでいってしまう恐れがあるためです。

    屋根は、汚れが付着し劣化が進んでいる状態でしたが、外壁同様に丁寧に塗装メンテナンス自体は可能な状態でしたので、洗浄と下地処理をしっかり行った後、サーモアイSiで屋根塗装を行いました。

    木製の破風板は今回ご要望により、塗装対応をさせていただきました。

    ケレン作業で劣化した塗膜をしっかり除去し、下地処理を行ってから塗装を行いました。

    最後に、雨樋修理作業を完了し、今回の前施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 棟板金工事 雨樋修理 付帯部塗装
    使用材料ファインパーフェクトトップ サーモアイSi
    工事日数14日間
  • 東京都多摩市 外壁塗装 笠木板金 雨樋工事 防水工事 シーリング

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    U様邸の外装リフォームをご依頼いただきました。

    足場を設置し、まず初めに高圧洗浄から始めます。

    こびりついた埃やコケを水圧で除去します。

    洗浄で落ちないカビなどは、除藻剤で除去しました。

    この高圧洗浄を行わず上から塗装を行ってしまうと、数年で剥がれてしまうのは必然です。

    幕板からの水を吸水して弱っている箇所を 除去して素地強化を行う造膜シーラーをたっぷり塗布するなど、細かい劣化箇所の補修も行いました。

    サッシ廻りのシーリングも劣化し隙間やひび割れが発生していましたので、既存のシーリング材を撤去し、新しいシーリング材を充填していきます。

    サッシ廻りはサッシに養生を施してからシーリングを充填しました。

    補修工事を終えると、アンダーフィラー弾性エクセルで下塗りを行いました。

    シーラー+下地調整の機能がありますので、キメの細かい下地を作り、上塗りの特性を生かせます。

    下塗り作業を完了し、上塗りをファインパーフェクトトップで行いました。

    こちらは塗料工業のパイオニアとして知られる日本ペイントの新技術ラジカル制御技術を用いた塗料です。

    ラジカルが塗膜に触れるのを抑えることで紫外線による外壁の塗膜劣化を防ぎ、塗装の寿命を延ばしてくれます。

    有機溶剤の含有が少ない水性塗料ですので、環境にも優しい塗料です。

    上塗り2度目もムラの無いように丁寧に仕上げ、外壁塗装の完成です。

    塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。

    強風によって捲れてしまっていた笠木の復旧工事(笠木が捲れてしまうと下地がむき出しになり雨漏りにも繋がります。)、その他、雨樋工事 防水工事を終え、今回の全ての施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 笠木板金 雨樋工事 防水工事 シーリング
    使用材料ファインパーフェクトトップ
    工事日数17日間
  • 東京都国分寺市 サイディング張り替え工事 外壁塗装 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    以前、施工のご依頼を頂いたお客様より、外壁メンテナンスのご依頼を承りました。

    前回の施工から既に10年以上経過していました。

    今回は必要となる補修を行い、塗装メンテナンスで美観性を高めていきます。

    塗装を行う際には築年数を考慮し、どのような補修が必要で、どのような塗料が最適なのかを見極めていく必要があります。

    窯業系サイディングは主原料がセメントの為、塗膜が劣化すると雨水を吸い込み傷んでしまいます。

    こちらは既に表面が剥がれ、苔まで発生していました。苔の繁殖は対応しない限り改善はしません。

    高圧洗浄を行えば根絶ちが出来ますが、外壁材の劣化が酷いと、状態を悪化させてしまいます。今回は、手摺部分の窯業系サイディングの張り替え工事をご提案させて頂きました。

    まずは印象を大きく変える仕上がりを決めていきたいと思います。

    弊社で作成させて頂いたカラーシュミレーションを見比べて、どのような色にしたいかを決めていきます。

    続いて足場を組み、飛散防止用メッシュシートで囲います。

    20日程度は日差しも風通しも悪くなってしまいますので、住人様にはあらかじめご了承いただきます。

    そして、塗装の第一工程である高圧洗浄を行います。

    高い水圧を当てることで、旧塗膜・汚れ・苔の根絶ちを行い、塗膜を密着させることが出来ます。

    塗装を行わない場所の汚れも落とすだけで、雰囲気が、かなり明るくなります。

    外壁には部分補修を行ってから塗装をします。

    まずは洗浄で剥がしきれなかった旧塗膜を剥がしていきます。

    無理に剥がさず、既に剥がれてしまう恐れのある塗膜を取り除いていきます。

    下地が傷み凸凹としている箇所には、パテ埋めを行い平坦に整えていきます。

    サッシ・ドア周りのシーリング工事も行いました。

    高耐久のオートンイクシードで増し打ちを行い、プライマーで密着性を高めてから、シーリングを打設していきます。

    下地補修後、充分に乾燥・硬化したことを確認してから、外壁塗装を進めていきます。

    今回外壁に使用した塗料は下塗りにパーフェクトプライマー、上塗りにはサイディングの美しさを維持する、UVプロテクトクリヤーを使用しました。

    仕上がり艶は、10分・7分・5分・3分艶で調整することが出来ます。

    塗りたての印象を抑えたい場合は3分艶を選びます。

    雨戸も金属屋根と塗装方法は変わりません。

    塗装前にペーパー掛けで目粗しを行い、ニッペファインパーフェクトトップ ブロンド塗装しました。

    屋根や外壁と比べると重要視されていない付帯部ですが、構造を守ったり、住宅の意匠性を目的にあります。

    そのため破損してしまうと、お住まいの寿命にも関わってきます。

    付帯部も素材を塗膜で保護している為、この機会にしっかりと塗り替えていきます。

    腐食したサイディングは張替を行います。

    既存のサイディングを剥がし、下地を整えてから新たなサイディングを貼っていきます。

    新たなサイディングを貼り、塗装を行いました。

    以上で、今回の外装補修リフォームが終わりました。

    施工内容サイディング張り替え工事 外壁塗装 付帯部塗装
    使用材料パーフェクトトップ UVプロテクトクリヤー パーフェクトプライマー
    工事日数17日間
  • 東京都国立市 外壁塗装 屋根塗装 屋根履き替え工事 クラック補修

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    I様より、外壁塗装、屋根張り替え工事のご依頼をいただきました。

    外壁は比較的良い状態でしたが、屋根は経年による劣化、汚れが激しく所々で屋根材の欠けや割れが見られました。

    今回瓦屋根からストレートに張り替えたいとのご要望でしたので、しっかりと実施していきたいと思います。

    既存の屋根は重い瓦で今後、落下などしてしまうと怖いとのご意見でしたので、今流行りの軽量な屋根材をご提案させていただきました。

    メーカー長期保証などございますので、工事後も安心して頂けます。

    仮設足場を設置し、屋根葺き替え工事の開始となります。既存のセメント瓦を全て綺麗に撤去することで始まります。

    瓦を剝がしていく、内部の葺き土や鳥の巣なども取り除きます。

    土は滑りますので落下させぬよう作業を進めていきます。

    不要な屋根材を撤去が完了すると野地板張り、防水紙の取り付け(天候を見ながら屋根葺き替え工事を進めていきますが、万が一の急な雨でもこの状態であれば雨水をシャットアウトできる状態になります)、を行い、瓦屋根からストレート屋根の履き替え工事が完了しました。

    屋根塗装にはパーフェクトプライマー、ダークグレーの色を使いました。

    屋根履き替え工事を終え、外壁の高圧洗浄、所々にヘアークラック(細かいひび割れ)が発生していたのでしれらをしっかりと補修し、実際に塗装に入っていきます。

    お客様のご要望により下塗り、中塗り後の上塗りは、パーフェクトトップの75-40Lで行いました。

    最後にファインパーフェクトトップ (ND-155、オークブラウン)を使い、付帯部の塗装も完了させ、全ての施工が完了しました。

    経年による、古びた印象からガラッと変わりました。

    この度は、誠にありがとうございました。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 屋根履き替え工事 クラック補修
    使用材料パーフェクトトップ ファインパーフェクトトップ  パーフェクトプライマー
    工事日数17日間
  • 東京都立川市 外壁塗装 シーリング工事 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    築16年を経過してセールスマンが多く訪問するようになってきたようで、そろそろ適正な時期と思い、インターネットで業者を探していたところ、弊社にご依頼いただきました。

    今回ご提案させていただいた塗料は、より耐久性に優れた、ラジカル制御の「パーフェクトトップ」です。

    新築から16年経過したサイディングボードの建物は、外壁の塗り替えと目地シーリングの打替えが必要な状況でした。

    外壁塗装、シーリング打ち替え工事に入る前に、バイオ洗浄剤を使った高圧洗浄を行い、藻やコケを分解していきました。

    これだけで全体的にすごくきれいになります。

    シーリング工事では、まず、既存シールをカッターで切り取り、左右にテープを張り、プライマーを塗布した後、新しいシーリング材を充填します。

    窓の周りやそれ以外の細かい部位までシール材を充填しました。

    下塗り塗料は、日本ペイントの水性カチオンシーラー透明を使用していきます。

    カチオンとは、プラスの電子を持ったという意味を持っています。

    電荷安定性が高く、素地との密着力が高くなり、上塗材も電荷的に、マイナスのため、上塗り塗料との密着性もプラスとマイナスの結びつきになり、優れたものになります。

    使用できる適用下地も上塗り材も多様で、素地とも、上塗材とも、密着性が良い下塗り材です。

    下塗り作業を終え、ファインパーフェクトトップで2度の上塗りを行いました。

    軒天は一液ファインウレタンで下塗りを行いました。

    ムラのないよう丁寧に塗りこみます。

    上塗りは日本ペイントのケンエースを使用します。

    ヤニ・しみ止め効果と優れた付着性・汚染除去性、防藻・防かび性能を有し、VOC量1%以下に抑えた水性壁面用つや消し塗料です。

    その後外壁の塗装で綺麗に仕上げました。

    サービスで床下の白アリ防除工事も行い、今回の施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 シーリング工事 付帯部塗装
    使用材料パーフェクトトップ 水性カチオンシーラー透明 ケンエース 一液ファインウレタン
    工事日数14日間
  • 東京都立川市 外壁塗装 屋根塗装 コーキング打ち替え工事 付帯塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    築24年経過していたS様邸は、サイディングの色褪せが進行しており、亀裂やコーキングの劣化、一部で塗膜の剥がれも確認できました。

    屋根も全面にコケなどの汚染が確認できました。

    改修プランの説明や工期などについて打合せ後、一緒にカラーシミュレーションで塗装色も決定しました。

    既存のオレンジから、ダークグレーに変え一気に外観のイメージを変えたいとのことでした。

    施行初日は、まずは屋根、外壁の高圧洗浄から入りました。

    洗浄機のノズルを近づけて外壁、屋根に付着した汚れを丁寧に取り除きました。

    高圧洗浄だけでも外壁、屋根の汚れやカビが除去でき、かなり綺麗になります。

    高圧洗浄でカビや汚れを取り除き、外壁、屋根がしっかりと乾いたことを確認し、屋根塗装工事へと入りました。

    屋根塗装工事は、吸い込みを止めて上塗りの造膜性を高める屋根用フィラーを下塗りしてから、スーパームキコートで上塗りを行いました。

    屋根塗装工事を終えると、外壁下地補修工事に入ります。

    外壁目地のコーキングを打ち替え、剥がれが進行していた部位はパテを用いて補修しました。

    外壁も屋根と同様に下塗りで白くなった上にスーパームキコートを上塗りしました。

    排水管の支持金物が錆びていたので交換し、雨戸は仕上りのよい吹付け塗装で仕上げ、付帯塗装工事を終え、全ての施工が完了しました。

    天候がいいと、グレーカラーが明るく映り、屋根もフィラーを下塗りしたことで、
    ムラのないきれいな仕上りとなりました。

    雨戸や雨樋も全てダークグレーで統一しました。

    グレーカラーは汚れが目立ちにくいのが特徴です。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 コーキング打ち替え工事 付帯塗装
    使用材料スーパームキコート
    工事日数14日間
  • 東京都多摩市 屋根塗装 外壁塗装 付帯部塗装 雨樋交換 棟板金交換

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    外壁、屋根、付帯部分の劣化が気になりだし、この度、外壁塗装のご相談をいただきました。

    外壁にはそれほど目立つ汚れはありませんでしたが、付帯部分がとくに劣化している様子でした。

    細かい部分ですが外壁にもひび割れが発生しておりましたので今回を機にきっちりコーキング工事にて補修をしていこうと思います。

    コーキング補修後に塗装作業をすることにより、ひび割れの補修跡が、隠れ目立たなくなりますのでコーキング工事は外壁塗装をする前に行います。

    コーキングを使ったひび割れ補修が完了すると、次は塗料を塗り始めます。

    外壁の塗料は柔軟性のある、ダイヤスーパーセランフレックスを提案しました。

    塗装仕様はコンクリート・モルタル推奨仕様である多孔質ローラー塗装を含む3回塗り工程としました。 

    外壁塗装下塗りは多孔質ローラーでアクレスフィラーダンセイを塗布しました。

    チクチクした感じから、滑らかな波型仕上がりに変わっていきます。

    下塗りの上にトップコートの塗装。

    ダイヤスーパーセランフレックスを中毛ローラーで2回塗りしました。

    屋根塗装工事は、まず経年でだいぶ痛んでしまっていた棟板金を交換しました。

    下塗りには、吸い込みが止まる屋根用フィラーを塗布し、GAINAで上塗りを行いました。

    お色は経年で汚れが目立ちにくいN-50をご提案させていただきました。

    付帯部塗装はフッ素仕様で、耐久性にこだわり、雨樋は一部の不具合部を交換し、今回の施工が完了しました。

    施工内容屋根塗装 外壁塗装 付帯部塗装 雨樋交換 棟板金交換
    使用材料スーパーセランフレックス GAINA
    工事日数17日間
  • 東京都国分寺市 外壁塗装 コーキングの打替え

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    築15年のM様邸の施工事例を紹介します。

    過去に1度、外壁を塗装しており、今回が2回目のメンテナンスとなります。

    タイルや装飾部材が気になっているとのことで、お家全体をガラッとイメージチェンジしたいと要望をいただきましたので、ご希望に沿った施工プランをご提案させていただきました。

    外壁は塗膜の色が褪せてきておりましたので、カラーシュミレーションにてお色を決定いただき、全体のバランス等を考え、念入りに打合せを行いました。

    工事初日、まずは高圧洗浄機で外壁全体に付着したコケやカビ汚れを一気に洗い流していきます。

    サイディングの目地はコーキングの打替え、プライマーを塗布後、シール材を充填させ、バッカーでならして、コーキング工事を完了させました。

    塗料に合わせてシール材もグレードの高い、オートンイクシードを使用しました。

    外壁塗装は下地調整用サーフを使用して、下塗りを行い、1回目の上塗りを行いました。

    塗料は紫外線や雨風による劣化が少ない無機の特徴と有機の特徴である優れた耐クラック追随性を併せ持った、高耐候性塗料、スーパームキコートを使用しました。

    2回目の上塗りでは、塗り残しがないよう丁寧に塗装を行いました。

    軒天に関しては、今回一貫して同じ色で塗装しました。

    その他竪樋などの細部塗装はグレー系の色に統一し、全体的にとてもシックな雰囲気に仕上がりました。

    施工内容外壁塗装 コーキングの打替え
    使用材料スーパームキコート オートンイクシード
    工事日数14日間
  • 東京都国立市 屋根葺き替え 外壁塗装 シーリング工事 雨樋取付 雨漏り修理

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    戸建て住宅にお住まいのS様。

    台風による、雨漏りが酷くなってきたとのご相談を受け、現地調査へお伺いすると、強風により屋根の瓦がいくつか剥がれており、割れてしまっているものもありました。

    剥がれたところや割れた隙間から雨水が侵入し天井へ雨漏りしていたようです。

    これまでメンテナンスなどを一度も行なっていなかったという瓦は、とても傷んでいたため、いっその事、これを機に屋根の葺き替え工事を行ってしまおうと、弊社からご提案させていただきました。

    また、台風の影響による雨樋の破損も目立ってきており、築年数による外壁やシーリングの劣化も見受けられましたので、そちらの施工も同時に行っていきたいと思います。

    まずは足場を組み立て、屋根の葺き替え工事から行いました。

    既存の瓦を撤去し、水の侵入を防ぐルーフェイング材を敷き、新しい屋根材を設置していきます。

    今回使用した屋根材は、アイジールーフのスーパーガルテクトです。

    瓦屋根の約1/10の軽さなので、地震に強く住宅への負担が大幅に減るのが、この屋根材の魅力、強みの一つです。

    また、遮熱性、断熱性に優れ、寿命も非常に長いため人気の屋根材になります。

    屋根の葺き替え工事を終えると、次は高圧洗浄にて、外壁の汚れを洗い流していきます。

    塗装前にある程度の汚れを洗い流しておく事で、塗装に使用する新しい塗料が定着しやすくなり塗料が長持ちします。

    付帯部などの修理箇所も同じく綺麗にします。

    高圧洗浄を終えると、いよいよ外壁塗装に入ります。

    順序としましては、塗り残し防止や、耐久性を上げるために、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを行います。

    外壁に限らず、付帯部などにも複数回塗料を重ね塗りしていきます。

    カラーシミュレーションでいくつかご提案した中から、今回選んでいただいたお色の、鮮やかな青に塗らせていただきました。

    依頼者のS様からも「まるで新築のようだ」とのお言葉をいただきました。

    屋根工事をはじめ、雨漏り修理などのご用命の際は、INGコーポレーションへお問い合わせください!

    施工内容屋根葺き替え 外壁塗装 シーリング工事 雨樋取付 雨漏り修理
    使用材料アイジールーフ スーパーガルテクト
    工事日数13日間
  • 東京都立川市 外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    今回ご依頼いただいたのは、0様邸の外壁塗装工事。
    新築時から15年ほどが経過する0様邸。
    サイディングボードの外壁には、汚れや色あせのほか、塗膜の剥がれ、また、サイディングボードの目地のコーキングには、ひび割れなどの劣化が確認されました。
    屋根もスレートの塗膜がところどころ剥がれており、劣化している様子が確認できました。
    スレートの塗膜の剥がれは、屋根塗装を行うべきサインの1つです。
    足場設置を完了させると、外壁、屋根に付着している汚れやコケ、ホコリなど洗い流す高圧洗浄を実施しました。
    業務用の威力が強い高圧洗浄機を使用しているので、ブラシなど手作業で洗浄をするより、はるかに効率よく作業が進みます。
    サイディングの模様のくぼみに入り込んだホコリも、吹き付ける水の圧力で簡単に落とすことが可能です。
    屋根のスレート材にもひび割れが見つかりましたので、コーキング素材を使い、ひび割れを埋める補修を行い、下地調整用フィラーで屋根の下塗り、GAINAを使用して上塗りを2回行いました。
    屋根塗装が完了すると、次は外壁のコーキングの打ち替え補修です。
    古いコーキングを撤去し、カッターナイフでコーキングに切り込みを入れて、手で引っ張って古いコーキングを取り除き、コーキングプライマーと呼ばれる下塗り材を塗布しました。
    コーキングプライマーを塗る目的は、下地とコーキングが密着しやすい環境を整えるためで、もしコーキングプライマーを塗らなければ、コーキングは本来の耐用年数である5〜7年を待たずして、剥がれたり浮いたりしかねません。
    コーキングプライマーを塗り終えると、「コーキングガン」と呼ばれる専用の道具で新しいコーキングを打ち込みます。
    その後、表面にでこぼこができないようにヘラなどで平たくならしたら、補修作業は完了です。
    コーキング補修を終えると、ローラーを使って下塗りの作業に入りました。
    さらに中塗りを終えて塗料を十分に乾かしたら、最後の仕上げとなる上塗りを行います。
    全ての外壁塗装を終え、ツヤのある青い外壁へと生まれ変わり、施工前よりも清潔感のある住宅になりましたね。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事
    使用材料ガイソーウォール無機F、GAINA
    工事日数17日間

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る