施工事例

東京都国立市 外壁塗装・屋上塗装 K様

  • 東京都国立市 外壁塗装・屋上塗装 K様

    Before

  • 東京都国立市 外壁塗装・屋上塗装 K様

    After

担当からのコメント

東京都国立市の外壁塗装・屋上塗装工事が完了しました。

 

こちらの建物は、外壁や屋上について、塗装や付帯部の経年劣化が見られました。また、外壁の一部に表面の脱落を伴う破損が発生しています。

 

外壁塗装・屋上塗装の劣化や、外壁そのものに損傷・ひび割れなどがあると、本来は塗装で保護されるはずの建物が、雨や紫外線などによるダメージを直接受けてしまい、建物の寿命を縮めることにつながります。

 

今回は、破損箇所の補修や付帯部の撤去ののち、屋上と外壁について塗装工事を行いました。

 

外壁塗装や屋根塗装の劣化のサインについては、「こんな症状には要注意」のページでご紹介しています。

 

「こんな症状には要注意」は、こちらのページです

 

 

【外壁の劣化補修・塗装工事】

外壁が劣化し、壁の一部が脱落していた箇所については、モルタルによる補修を行いました。

補修後、全体を下塗り・中塗り・上塗りの三度塗りで塗装していきます。

→外壁の劣化補修工事のレポートはこちらです

 

 

【付帯部(ポリカーボネート製のひさし)の撤去】

また、ポリカーボネート製の窓のひさしについても撤去のご要望がありましたので、ひさしの撤去作業と、撤去跡の補修を実施しています。

 

窓のひさし、照明設備、パイプや雨どいなどの付帯部は、一般的に外壁よりも早く劣化が進みます。

これらの金具のサビや使われていないビス穴を放置しておくと、サビた箇所や穴の空いた箇所から、外壁内部へ劣化が進行してしまう場合があります。

 

付帯部に劣化や不具合が発生した場合は、早めの交換工事や撤去、撤去跡の適切な補修をおすすめしています。

 

→付帯部撤去、撤去後補修工事のレポートはこちらです

 

 

【アルミ製の勝手口ドアの塗装工事】

アルミは、勝手口や窓枠などによく使われている素材です。

 

従来、アルミは、塗装が剥がれやすく、せっかく塗装してもポロポロ剥がれてきてしまうといわれていました。

現在は塗料についても様々な研究が進んでいるので、適切な下地処理と塗料選びにより、アルミ製のドアなどについても塗装が可能です。

 

古くなったドアは、塗装することで、ドア丸ごとの交換よりも補修のコストを下げられる場合があります。今回は、塗装によるメンテナンスをご提案させていただきました。

※画像はイメージです

 

K様からのご依頼について、塗装工事全体の詳しい様子は、こちらの現場レポートからご確認いただけます。

 

→「東京都国立市 外壁補修・防水塗装 足場設置〜下地補修 K様」

 

 

 

【定期訪問をはじめ、塗装工事後のアフターフォローも充実】

塗装完了後は最終確認を行い、K様にも仕上がりをご確認していただきました。

工事後もアフターフォローで定期訪問をさせていただきますので、今後のメンテナンスについても安心してお任せください。

 

INGコーポレーションで行っている定期訪問については、「安心の定期訪問サポート」からご覧いただけます。

 

「安心の定期訪問サポート」は、こちらのページです

 

この度は、工事のご依頼をいただきありがとうございました。

 

“M”

 

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工内容外壁塗装・屋上塗装

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る