現場レポート

東京都国立市 外壁補修・防水塗装 足場設置〜下地補修 K様

2021.12.22

東京都国立市のK様より

外壁補修・防水塗装について、紹介させていただきます。

 

K様より、RC造のビルについて、外壁や屋上部分の劣化が気になるとのご相談をいただきました。

 

さっそく建物を拝見すると、外壁の剥離、付帯部の錆など、各所に痛みが見られました。

 

 

今日は、足場を設置し、下地補修を行います。

隣の建物との距離が近いため、スペースに応じた足場を設置します。

 

足場の踏み板には、幅30センチ以下の細いものがあるので、住宅密集地などでの足場の設置も可能です。

 

 

「スペースがなく、足場が設置できるか分からない」

という場合でも、ケースに応じた足場の設置や、外壁塗装の方法をご提案させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

【シーラー塗布と、モルタルによる外壁の下地補修】


足場の設置後、外壁が剥離していた箇所を補修していきます。

 

まず、汚れや古いモルタルを除去し、補修箇所にシーラーを塗布します。

シーラーには、劣化箇所を補強し、モルタルや塗料との接着度を上げる働きがあります。

 

シーラーを塗布した後は、モルタルにより剥離箇所の補修を行います。

 

 

【外壁塗装の前に、下地補修を行う理由】

シーラーの塗布後、左官道具を使い、もとの外壁の形に補修を行いました。

 

今回のように、外壁そのものが剥離したりひび割れが発生している場合は、外壁塗装の前に塗装面=下地の補修が必要です。

 

なぜ、外壁塗装の前に下地の補修が必要なのでしょうか?

 

それは、下地を補修しないまま塗装を行うと、外壁そのものや、塗装の劣化が早まるリスクがあるためです。

詳しくは、「塗装工事について> 塗装前の下地処理」のページにてご説明していますので、ぜひご覧ください。

 

「塗装工事について> 塗装前の下地処理」は、こちらのページです

 

次回は、外壁と屋上について、養生と下塗りを行います。

 

 

当社は施工後の「保証、アフターフォロー」もしっかり行わせていただきます。

工事後気になる点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

“M”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

東京都立川市の外壁塗装店【INGコーポレーション】

 

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます