現場レポート

東京都国立市 外壁補修・防水塗装 付帯部工事 K様

2021.12.28

東京都国立市のK様より

外壁補修・防水塗装について、引き続き紹介させていただきます。

 

前回は、外壁の上塗りを行いました。

今回は、付帯部である窓のひさしを撤去し、撤去跡の補修〜塗装までをご紹介します。

 

 

前回までのレポートは、こちらからご確認いただけます

→「東京都国立市 外壁補修・防水塗装 足場設置〜下地補修 K様」

→「東京都国立市 外壁補修・防水塗装 養生〜下塗り K様」

→「東京都国立市 外壁補修・防水塗装 外壁上塗り K様」

 

 

【ポリカーボネート製の「窓のひさし」を除去

今回、窓の上に設置されていた「ひさし」についても撤去することになりました。

 

窓のひさしには、ポリカーボネートと呼ばれる素材が使われています。

ポリカーボネートは、バルコニーやカーポートなどにも使われている、半透明の板状の素材です。

 

紫外線や雨風の影響を受ける箇所に設置されているため、変色や割れが気になってきたタイミングで、撤去や交換を検討されるお客様が多いです。

 

撤去跡は、下地がむき出しの状態です。

ひさしは外壁にビスで固定されていたため、ビス用の穴も残っていました。

 

このままでは、雨水の浸水などが外壁の寿命を縮めてしまうため、撤去跡を補修し、外壁塗装を行います。

 

 

 

【撤去跡の補修から、外壁塗装まで】

ひさしを撤去した後の外壁には、ビス穴や古い塗料やシーリング剤が残っています。

 

ビス穴を新しいシーリング剤で補修し、古い塗料などを除去するケレンを行ったのち、他の箇所と同じように、下塗り、中塗り、上塗りの三度塗りを行います。

 

これで、むき出しだった撤去跡が保護されました。

適切な下地補修、ケレンの作業は、塗装面だけでなく、建物全体の寿命を伸ばすことにつながります。

 

詳しくは、「塗装工事について> 塗装前の下地処理」のページにてご説明していますので、ぜひご覧ください。

 

「塗装工事について> 塗装前の下地処理」は、こちらのページです

 

次回は、屋上の塗装を行います。

 

 

当社は施工後の「保証、アフターフォロー」もしっかり行わせていただきます。

工事後気になる点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

“M”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

東京都立川市の外壁塗装店【INGコーポレーション】

 

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます