立川市の施工事例

INGコーポレーションで施工させて頂いた物件をご紹介いたします。
それぞれの施工実績により詳しい作業内容や写真がありますので、ぜひご参考にされてみてください。

  • 東京都立川市 外壁塗装 付帯部塗装 門塀塗装

    • 東京都立川市 外壁塗装 付帯部塗装 門塀塗装

      Before

    • 東京都立川市 外壁塗装 付帯部塗装 門塀塗装

      After

    担当からのコメント

    東京都立川市のお客様から外壁塗装工事のご依頼をいただきました。こちらの現場が完了しましたので、施工事例をご紹介したいと思います。

     

    外壁塗装のメンテナンス周期は10年ほどで、年数が経つと経年劣化を起こします。塗装が劣化してくると汚れがつきやすくなり、美観性も低下してきます。

     

    今回ご依頼いただいた建物も塗装の劣化により汚れの付着が目立つ状態でした。外壁は帯電性があるため、浮遊するホコリや車の排気ガスが外壁にくっつき、年数が経つことにより汚れが蓄積していきます。

     

    汚れが蓄積してくると目に見えるほどに外壁が黒ずんできたり、雨垂れ跡が出てくるため見栄えは悪くなってしまいます。

     

    汚れがつきやすくなった外壁は塗装が劣化している証拠でもありますので、そのままの状態にせず塗装工事のご検討をおすすめします。

     

    無料建物診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

     

    こちらの現場では外壁の他にも門塀の汚れも目立ちましたので、こちらも塗装をしております。

     

    足場設置後、高圧洗浄を行い汚れを落としていきました。洗浄後は建物が濡れている状態のため、このまま継続して作業を行うことはできません。洗浄した後は建物が十分に乾くまで乾燥期間を設けます。季節や天候によりますが、1日あけるのが一般的です。

     

    塗装が劣化した外観は色があせてしまっているため、建物が古く見えてしまっていましたが、塗装をしたことで色つやが戻り美観性が向上しました。門塀も施工前の外壁と同じように汚れが目立ちましたが、塗装できれいになりました。

     

    今では汚れのつきにくい塗料が販売されています。雨で汚れを洗い流せるセルフクリーニング機能を持った塗料もありますので、塗装工事をご計画されている方はぜひご検討ください。

     

    セルフクリーニング機能の塗料はこちらの「ナノコンポジットW フッ素」をご覧ください。

     

    塗装工事は建物を維持していくために必要なメンテナンスです。塗装後はアフターフォローの定期訪問をさせていただきますので、今後とも何卒よろしくお願い致します。

     

    この度は工事のご依頼をいただき誠にありがとうございました。

    “mu”

    施工内容外壁塗装 付帯部塗装 門塀塗装
  • 東京都立川市 外壁塗装 付帯部塗装 シーリング工事

    • 東京都立川市 外壁塗装 付帯部塗装 シーリング工事

      Before

    • 東京都立川市 外壁塗装 付帯部塗装 シーリング工事

      After

    担当からのコメント

    東京都立川市のお客様から外壁塗装工事のご依頼をいただきました。

    こちらの建物は年数の経過から塗装の色あせや雨垂れ跡などの汚れが目立っている状態でした。

     

    塗装は劣化してくると汚れの付着やコケ、カビの発生、防水性の低下などの症状がでてきます。

    劣化症状が現れていると建物に良くありませんので、そのままにせずにメンテナンスをすることが大切です。

     

    劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

     

    今回は外壁の色を変えて塗装しました。

    既存と同じツートンカラーを採用し、メリハリのある仕上げとなっています。

    塗装工事は色を選ぶのも楽しみの一つです。

     

    塗装工事をご計画されている方はどんな色で塗装をするかこだわってみましょう。

    色選びの際はカラーシミュレーションのご利用をおすすめします。

    工事前に完成イメージを確認することができますので、色選びに後悔したくないという方にぴったりです。

     

    詳しくはこちらの「カラーシミュレーター」をご覧ください。

     

    こちらの現場ではコーキングの打ち替えも行いました。

    外壁がサイディングでしたので、外壁の継ぎ目のところには目地があります。

    この目地が外壁の緩衝材となるのですが、ここに打たれているコーキングも経年劣化を起こしてきます。

    既存状態はひび割れや隙間が生じていましたので、そこが水の侵入口になっていました。

     

    ただし、水が入ってしまう状態ではありますが、外壁材の下には防水紙が張られています。

    すぐに雨漏りを起こすということはありませんが、長期間続くと建物によくありませんので、劣化症状が確認できる場合は、コーキングを打ち替えてあげましょう。

     

    コーキングは太陽の紫外線が影響し、3〜5年ほど経つと劣化してきます。

    現在では長期間維持できる耐久性の優れたコーキングも販売されましたので、コーキングの打ち替えを考えている方は、長寿命型のコーキングもご検討してみてください。

     

    詳しくはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

     

    工事完了後はお客様に確認してもらい御了承をもらってからお引き渡しとなります。

    工事完了後はアフターサービスで定期訪問させていただきますので、今後とも何卒よろしくお願い致します。

    この度は工事のご依頼をいただきましてありがとうございました。

    “mu’

    施工内容外壁塗装 付帯部塗装 シーリング工事

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る