現場レポート

立川市にて外壁塗装工事!

2019.7.30

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は立川市内のお客様邸にて外壁塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回足場立て、防護ネット張り込みが完了しましたので、引き続き各所のケレンを行っないます。
 
そもそもケレン作業とは、塗装を行う部分の塗料などを綺麗に落とす事です。
 
また、塗装が密着する様に塗装面に細かな傷をつける作業の事を言います。
 
塗装面に傷をつける事で塗料と塗装面がしっかりと噛み付いてくれるのです。
 
そこで今回は外壁の水切りのケレン作業にスポットを当てたいと思います。
 
水切りは、外壁を伝い落ちる雨水が土台部分に侵入する事を防ぎ、尚且つ害虫害獣の侵入する事を防ぐ目的で使用しています。
 
この水切りは大方がステンレス製か、表面をステンレス加工してあります。
 
その為錆に対してはとても強いのですが、物をぶつけてしまったりした場合はそこから劣化が始まります。
 
この劣化は意外と目立ってしまい、家の雰囲気を古くしてしまいます。
 
そこで、外壁塗装を行う際は必ず水切りのケレンは欠かせません。
 
サンドペーパーで念入りに擦り、汚れ、錆を無事に落としきることができました。
 
次回は洗浄作業を行なって行きます。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る