現場レポート

東京都国分寺市にて外壁塗装工事!

2019.12.20

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は東京都国分寺市内のお客様邸にて外壁、屋根の塗り替え塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回の作業では外壁面の下塗りを行いました。
 
今回は引き続きの作業として外壁面の中塗りを進めていきました。
 
中塗りとは仕上げ用の塗料で行う一層目の塗装の事です。
 
そこで今回ご紹介するのは、破風と呼ばれる部分の塗装です。
 
破風というのは、屋根と外壁との境目に用いられる木製の板のことです。
 
日本家屋では多く見られる破風なのですが、近年の欧風住宅においては使用される事が少なくなって来たように感じます。
 
この破風はサイディングと違い木製の為、普段とは違う注意が必要です。
 
最も大きな違いは、給水率の高さです。
 
木材は給水率が高い為、塗料のツヤが出にくくなるのです。
 
それを防ぐために下塗りの塗装を丁寧に行い、中塗りでもムラなく塗装を行う事が大切になってくるのです。
 
今回の作業では中塗りを完了出来ましたので、次回の作業では全体の上塗りを行いたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る