現場レポート

東京都国分寺市 外壁塗装 付帯部塗装 下地処理 コーキング打ち替え工事

2020.5.10

東京都国分寺市 外壁塗装 付帯部塗装 下地処理 コーキング打ち替え工事

東京都国分寺市で、外壁塗装・付帯部塗装のご報告第2弾です!

 

 

外壁塗装は、下地処理によって仕上がりに左右されます。

「外壁塗装」と聞くと、ただ塗装して綺麗になって終わりと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、下地処理をせず、実際に塗装だけで終わると(した事はありませんが)、
密着性は悪く、塗膜がすぐに剥がれてしまいます。

 

また、クラックやコーキングの隙間があっても直さないまま塗装すれば、

劣化の進行を抑える事はできません。

 

外壁塗装は悪いところを直し、密着性を良くしてから塗装をして綺麗にする工事なのです。

「塗装工事を行う際に必要な事」はこちらのページです。

 

 

東京都国分寺市 外壁塗装 付帯部塗装 下地処理 コーキング打ち替え工事

 

 

今回、コーキング打ち替え工事を行いました。

コーキングとは、サイディングやALCパネルなどの外壁材の継ぎ目にどうしても隙間ができるので、

その継ぎ目をシーリング材で埋める工事の事です。

外壁で見たり触った事があるかと思います。ゴムのような素材の部分です。

 

そのゴムの部分が防水や小さな揺れに対応してくれるのですが、

劣化が進んで硬く、亀裂が入ってしまっていたので、

全てのコーキングを撤去し、新しいシーリング材を充填し直しました。

これをコーキング打ち替え工事といいます。

「下地調整の重要なポイント1 コーキング処理」についてはこちらのページです。

 

この続きは、次回の現場レポートで!

 

−N−

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る