現場レポート

東京都立川市のマンション改修工事の外壁塗装リフォーム

2020.11.12

東京都立川市にある、マンションの改修工事の外壁塗装工事の現場レポートです。

 

築20年以上経っている建物のため、外壁塗膜の表面は小さいヒビが入ったり、コケ・カビができていたりと、劣化し始めていました。

マンションを末永く使っていくために、外壁塗装リフォームを行うことになりました。

 

まず最初に、高圧洗浄を行い外壁に付着している不純物を綺麗に取り除きます。

当マンションは大きな建物なので、外壁洗浄も時間がかかりました。

3台の高圧洗浄機を使って、2日かけて念入りに洗浄を行いました。

 

外壁が十分に乾いた事を確認した後、外壁に多々あるクラックの補修を行いました。

幸いヘアークラックという軽度なクラックしかなかったので、補修材を充填して平らに補修しました。

 

補修材が乾いた後、塗装工程へと移っていきます。

1番目の工程は下塗りですが、当建物はRC造(鉄筋コンクリート造)なので、フィラーという下塗材を使いました。

フィラーをローラーと刷毛を使って、細かい部分にも綺麗に塗布しました。

 

乾燥しているのを確認した後、中塗りと上塗りの工程へと移ります。

ここからが、選んだ塗装の色での塗装工事となります。

ローラーと刷毛を使って中塗りを行い、中塗りが乾燥した後に上塗りを行いました。

 

以下が、上塗り完了後の写真です。

 

 

劣化していた外壁塗膜が、綺麗で頑丈な状態になりました。

 

外壁塗膜は、外壁を守る役目を担っています。

そのため、外壁塗膜が劣化してしまうと外壁を守ることができなくなり、下地まで劣化させてしまうと、雨漏りへと発展してしまいます。

建物を使い続けていくためには、外壁塗膜を丈夫にしておくことはとても重要となります。

定期的な外壁塗装メンテナンスで、長く住み続けることができる建物を保ちましょう。

 

☞こちらの「塗装工事の流れ」では外壁塗装の施工の流れを詳しくご案内しています。

☞こちらの「外壁塗装・屋根塗装工事」のページで外壁塗装工事に関するポイントを詳しくご案内しています。

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る