現場レポート

東京都国分寺市 外壁塗装工事 現場レポート

2020.11.21

外壁塗装の画像

本日は東京都国分寺の外壁塗装現場をご紹介します。

ご依頼いただいた現場は既存がモルタル外壁のお家です。

 

建物は体感では感じないほどわずかに揺れているのですが、塗料が劣化するとこの揺れに対して追従性がなくなりひび割れを起こします。

 

塗膜が劣化しひび割れを起こすようになると今度は基材であるモルタルにまで影響が及び損傷が激しくなるとモルタルにもクラックが入ってしまいます。

 

塗膜のひび割れで収まっている状態ならいいのですが、モルタルにクラックが入ってしまうと耐震性が低下しますので、被害が広がらないうちに塗装してあげることが大切です。

 

外壁塗装の画像

 

上記の写真は雨戸と濡れ縁を塗装したところです。

最近では少なくなりましたが、濡れ縁は木製でできています。

木製の濡れ縁は情緒があって良いのですが、素材が木材ですので定期的に塗装をしてあげないと腐食してしまいます。

 

土台と脚がしっかりしていれば木桟の交換で済みますが、土台と脚が腐食してしまうと一から作り直すことになってしまいますので注意しましょう。

 

塗装工事は劣化や腐食、損傷など起こる前にメンテナンスすることが大切です。

もし、気になるところがありましたら専門業者に点検してもらうことをお勧めします。

 

当社でも点検を行っていますので気になる方はこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

塗装を行うタイミングの症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る