現場レポート

東京都立川市 マンション 防水工事 現場レポート

2020.11.28

防水工事の画像

東京都立川市で行いましたマンション工事の続きをレポートします。

今回の現場レポートは防水工事です。

 

マンションの構造体であるコンクリートは水を吸い込む性質を持っています。

床スラブの防水がしっかり施工されていないと水が染み込んでいき劣化を早めるばかりか雨漏りを引き起こす原因となります。

 

ベランダ防水工事の画像

 

共用部なら住んでいる人に直接被害を受けませんが、ベランダの場合は別です。

ベランダの防水性が低下していると下の階の方に被害が及んでしまうので、ベランダはしっかりと防水しておくことが大切です。

 

ベランダ防水工事の画像

 

上記は防水塗装施工後の写真です。

ベランダには排水溝が設けてありますが、床の勾配は緩やかで水は少しずつ排水されていきますので、防水塗装がされていないとどんどん床から水を吸い込んでしまいます。

 

水を吸い込むとコンクリートの中にある鉄筋が錆びてしまい建物の耐久性にも影響しますので、定期的に防水塗装をすることが大切です。

 

ドレン塗装の画像

 

ドレン排水溝のカバーも塗装しました。

塗装して綺麗になってもカバーだけ塗装されていないと全体的に綺麗になった感じがしませんので、塗装をするときはできるだけ古いものは残さないようにするのがポイントです。

 

今回の現場レポートはマンションの防水塗装をご紹介させていただきました。

防水は雨漏りを抑止するだけでなく、建物を長持ちさせていくために必要なことですので、定期的に防水塗装をしましょう。

 

防水塗装については下記のページで詳しくお伝えしていますのでこちらの「防水工事」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る