現場レポート

東京都国立市 アパート 外壁塗装工事

2021.7.7

外壁塗装の画像

東京都国立市にてアパートの外壁塗装のご依頼をいただきました。

外壁の塗装は経年劣化してきますので、ある程度の年数が経ちましたら塗り替えが必要になります。

 

外壁塗装をする時期の目安は10年です。

塗装している塗料の種類にもよりますが、これくらいの年数が経ってくると劣化症状が出てきますので、一度塗装業者に建物の状態を見てもらうことをおすすめします。

 

INGコーポレーションは無料で診断を実施しておりますので、メンテナンスの際はぜひお声かけください。

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

また、年数だけでなく劣化症状も塗り替えが必要か判断する目安になります。

塗装が劣化すると汚れやコケの付着が目立ってきたり、カビの発生やひび割れ、チョーキングなどの症状が現れてきます。

 

チョーキングとは塗料の樹脂成分が劣化して色成分の顔料が白い粉となって現れる現象のことです。

チョーキングが起きていると外壁に触れたときに白い粉が付着しますので、この症状が出ていましたら塗り替えをご検討ください。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」でお伝えしております。

 

外壁塗装は建物をきれいにするだけでなく、正常な状態を維持していくために必要なメンテナンスです。

大切な建物を守っていくためにも定期的に状態を確認して、適切なタイミングで塗装を行いましょう。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る