現場レポート

東京都立川市 付帯部 軒天井・破風板・雨樋の塗装

2021.8.31

軒天井の塗装の画像

東京都立川市の塗装現場にて付帯部の塗装を行いました。

まずは軒天井の塗装です。

 

軒天井は下地処理を行った後に上塗りを行います。

使用する塗料で工程は変わりますが、下塗り剤なしで塗装できるものもあります。

 

ただし、劣化が進んでいる場合は、塗料が密着しないことがあるため、このような場合は下塗り剤を塗布してから仕上げ剤を塗っていきます。

 

軒天井の塗装の画像

 

軒天井は湿気がこもりやすい場所ですから透湿性のある塗料で塗装するのがおすすめです。

 

塗料はいろいろ種類がありますので、もっと知りたいという方はこちらの「塗料について」をご覧ください。

 

破風板の塗装の画像

 

続いて破風板の塗装です。

破風板も下地処理を行ってから塗装を行っていきます。

 

破風板は水に触れやすい場所のため劣化症状には注意しておきましょう。

2階の破風板が腐食を起こしてしまうと交換が必要になってしまうため、できるだけ劣化が進まないうちに塗装するのが大切です。

 

雨樋の塗装の画像

 

付帯部の塗装は雨樋も含まれます。

もし、雨樋に不具合がある場合は、塗装前に補修しておきましょう。

雨樋の継手のところは劣化で隙間ができてしまうことがあり、水漏れの原因となります。

 

雨樋のメンテナンスについてはこちらの「雨樋修理」をご覧ください。

 

付帯部の塗装は建物によって違いますので、これから塗装工事をご計画されている方は塗装が必要な場所を把握しておきましょう。

塗装箇所は見積もりの内訳に記載されているものですので、よく確認しておくことが大切です。

 

見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る