現場レポート

東京都立川市 ベランダ防水工事

2021.9.14

ベランダ防水の画像

本日の現場レポートはベランダの防水工事についてお伝えしていきます。

ベランダは雨に濡れる場所のため防水施工が必須です。

 

風雨にさらされるところですから、汚れも年数と共に蓄積し、劣化もしていきます。

当然ですが、防水も経年劣化してくると性能が落ちてくるため今まで撥水していたのがだんだん浸透するようになってきます。

 

住宅に多いルーフバルコニーの場合は、ベランダの下に部屋がありますから、もし雨漏りなんて引き起こしたら大変です。

雨漏りの修理は規模が大きくなりやすいですので、被害が出る前に防水のメンテナンスをしておきましょう。

 

INGコーポレーションは無料で建物診断を行なっておりますので、お家のことでなにかお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

防水工事の工法はウレタン防水、FRP防水、シート防水、アスファルト防水などがあります。

どの工法も特徴があり、建物によって適したものがございますので、防水工事をお考えの方は、まず専門業者に現地調査をしてもらうことをおすすめします。

 

防水は建物を守る重要な施工ですので、劣化したままにしてしまうのは禁物です。

適切なタイミングでメンテナンスを行いましょう。

当社も防水工事を承っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

詳しくはこちらの「防水工事」をご覧ください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る