現場レポート

東京都国分寺市 屋根・外壁塗装工事 付帯部の塗装

2021.9.15

幕板の塗装の画像

本日の現場レポートは付帯部の塗装作業をご紹介していきます。

まずは幕板の塗装です。

幕板は外壁の装飾建材で、外壁の真ん中あたりに張ってあることが多いです。

 

こちらの現場にも外壁に幕板が取り付けてあって、幕板を境に外壁の色を変えて塗装しています。

また、笠木が取り付けてあるところにも幕板がありましたので、こちらも塗装をしています。

 

笠木の塗装の画像

 

以前の現場レポートでもお伝えしましたが、上記の写真は笠木の塗装を行なっているところです。

笠木の角のところは接合部となっていますので、隙間ができないようにコーキングを打ってあります。

 

板金を取り付けるために釘を打つのですが、その釘を効かせるために木下地が板金の下に取り付けられています。

 

もし、板金の隙間から水が入ってしまうと、その木下地が濡れてしまって腐食を起こしてしまいます。

下地が腐食してしまうと釘の効きも悪くなって板金が外れてしまう可能性があるため、取り合いとなるところは水が入ってこないように防水処理をしっかり行うことが大切です。

 

コーキング工事についてはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

水切りの塗装の画像

 

続いて水切りの塗装です。

水切りは小さい部材ですから、普段はあまり気にして目にしないかもしれませんが、壁内に入った水を外に出す大切な部材です。

水切りは鉄部になりますから錆止めを塗ってから仕上げの塗装をしていきます。

 

水切りの塗装の画像

 

水切り上部は外壁に触れてしまうため、ハケを使って塗装しました。

施工箇所に合わせて道具を使い分けていくことも大切です。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装現場の作業をご紹介していきますので、楽しみにしていてください。

 

INGコーポレーションは地域密着、自社施工で建物のメンテナンス工事を承っております。

メンテナンス工事をご検討している方は、ぜひ当社にお声がけください。

 

当社についてはこちらの「皆様から選ばれる理由」をご覧ください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る