現場レポート

立川市 外壁・ベランダ防水塗装工事 外壁下塗り H様邸

2021.10.20

下塗り

今回紹介いたしますのは、

引き続き立川市の外壁・ベランダ防水塗装工事について紹介致します。

 

本日は外壁の下塗り作業を行いましたので、その作業の様子についてを紹介します。

前回の記事では、施工に入る前に点検を行っておりますので、まだご覧になっていない方は是非ご確認ください。

「立川市 外壁・ベランダ防水塗装工事 施工前点検 養生 飛散防止シート H様邸」

 

塗装前には、高圧洗浄を行い下地処理を行っています。

下地処理の方法は「塗装前の下地処理」で紹介しておりますので興味があればご覧下さい。

 

H様の外壁は一階部分と二階部分で違う外壁材を使用しています。

そのため、それぞれ違う塗装を行います。

一階部分はクリア塗装という名前の通り、透明な塗料で塗装を行う予定です。

クリア塗装についてはまた後日説明させていただきますので、気になる方は後日またご覧下さい。

本日は二階部分の下塗りを行いました。

下塗り

下塗りは主に接着剤の役割を持っており、どのような下地や仕上げ塗装であっても吸着するようになりますので、じっくり丁寧に行う必要があります。

次回は仕上げ塗料で塗装を行っていきます。

塗装の流れについては「 外壁塗装・屋根塗装」をご覧ください。

 

“N”

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る