現場レポート

東京都国立市 外壁塗装 鉄部 サビ止め作業

2022.4.8

 

本日は引き続き、東京都国立市でおこなった外壁塗装の様子をお伝えします。

 

前回は、鉄部の高圧洗浄~下地補修の様子をご紹介しました。

 

まだご覧になっていない方は、こちら「東京都国立市 外壁塗装 鉄部 高圧洗浄~下地補修」からご覧ください。

 

 

 

サビ止め

 

 

前回で下地補修までが完了しているので、今回は下塗りによるサビ止めをおこないました。

 

塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りが基本となり、鉄部の場合は下塗りの工程でサビ止めを塗ります。

 

サビ止めの役割は、金属の腐食を防ぐことです。

 

鉄部の塗装が劣化して剥がれてくると、そこから雨水が入り込んでしまいます。

 

サビが発生するのは、鉄が水や空気に触れて酸化することが原因なので、雨水が入り込むことでサビが発生してしまうのです。

 

そのようなことを防ぐために、サビ止めは重要な作業になります。

 

 

 

サビ止め完了

 

 

 

このように、ムラなくきれいに仕上げることができました。

 

サビ止めを塗った後は、中塗り~上塗りをおこない作業完了となります。

 

*K*

 

 

当社では無料診断をおこなっておりますので、「プロが見る無料診断」からぜひご利用ください。

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

東京都立川市の外壁塗装店【INGコーポレーション】

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます