現場レポート

東京都国立市 A様邸 破風板塗装 施工完了 付帯部塗装は必要?

投稿日:2024.1.12

東京都国立市 A様邸 破風板塗装 施工完了 付帯部塗装は必要?

 

本日は、東京都国立市のA様邸でおこなった破風板塗装の様子をレポートします。

 

 

破風板とは屋根の端に取り付けられた板材のことをいいます。

鼻隠しも同じように屋根の端に設置された板材のことを指しますが、破風板と鼻隠しの違いは雨樋が付いているか付いていないかです。

鼻隠しは雨樋が付いている部分なのに対して、破風板は雨樋が付いていないほうの板材を指します。

 

東京都国立市 A様邸 破風板塗装 施工完了 付帯部塗装は必要?

 

東京都国立市 A様邸 破風板塗装 施工完了 付帯部塗装は必要?

 

下塗りをおこなったあと、中塗り・上塗りをして施工完了しました。

 

 

外壁塗装を検討されている方は、付帯部という言葉を聞いたり見たりする機会は多いのではないでしょうか。

今回ご紹介した破風板も付帯部の一部です。

破風板には、屋根裏への雨風の侵入を防ぐ役割があります。

そのほかにも火災からも建物を守る役割を持っており、火災が発生した際に屋根裏への火のまわりを遅れさせることができます。

 

このように付帯部には建物にとって重要な役割があるため、外壁塗装工事と一緒に付帯部塗装もおこなうことが大切です。

当社の外壁塗装工事については「外壁塗装・屋根塗装」をご覧ください。

 

*K*

 

 

当社では無料診断をおこなっておりますので、「プロが見る無料診断」をぜひご利用ください。

 

東京都立川市,小平市,福生市,武蔵村山市,東村山市,東大和市,国立市,国分寺市,昭島市,日野市,その他エリアも対応可能で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

東京都立川市の外壁塗装店【INGコーポレーション】

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます