ブログ

外壁塗装の最適な季節とは?それぞれのメリット・デメリットについて

2022.4.23

 

外壁塗装をおこなう際、業者選びをしっかりおこなう方は多いでしょう。

もちろん業者選びはとても重要ですが、実は外壁塗装は「季節」にも大きく左右されるのです。

そこでこの記事では、外壁塗装の最適な季節について詳しく解説します。

また、最適な季節はありますが、それ以外の季節では絶対にできないというわけではありません。

そのため、それぞれの季節のメリット・デメリットもしっかり把握しておきましょう。

 

 

 

外壁塗装の最適な季節

 

 

外壁塗装をおこなう際に、環境の条件によっては塗装工事自体ができない場合があります。

まずはその条件について解説し、最適な季節はいつなのかをご紹介します。

 

 

外壁塗装ができない条件とは?

外壁塗装ができない条件として挙げられるのが以下になります。

 

・気温が5℃以下の時

・湿度が85%以上の時

・雨や雪が降っている時

・塗装面が結露または霜が降っている時

 

気温が低く湿度が高いと、塗装をしっかり乾かすことができません。

また雨や雪が降ってしまうと、塗装が流れ落ちてしまうことがあります。

そのため、このような条件下ではスムーズに塗装をおこなうことができないのです。

 

 

最適な季節はいつ?

実際に塗装工事が多いのは、「春」と「秋」になります。

春や秋は、比較的天候や湿度・気温が安定しています。

やはり、気候が安定していて空気が乾燥している季節の塗装は、スムーズに進められることから人気があるようです。

しかし、夏や冬に外壁塗装をしてはいけないということではありません。

確かに、外壁塗装が難しい季節なのは事実ですが、「絶対にしないほうが良い」「必ず失敗する」というわけではないのです。

注意点をしっかり把握して塗装をおこなえば、仕上がりに影響が出ることもありません。

そのためには、次に解説する各季節のメリットとデメリットをしっかりと押さえておきましょう。

 

 

外壁塗装における各季節のメリット・デメリット

 

 

先ほども言った通り、夏や冬に外壁塗装が絶対にできないということはありません。

それぞれの季節にメリット・デメリットがあるのです。

そして、そのメリット・デメリットをしっかりと把握しておくことが大切になります。

 

 

春の塗装工事

春は比較的雨が少なく、天候が安定しています。

さらに、湿度も低く気温も安定しているので、塗料が乾きやすいというメリットがあります。

そのため、工期が延びることも少なくなり、予定通り進められるのです。

また、春は寒くもなく暑くもないので、気温もちょうど良いことから職人にとっても作業しやすい季節になります。

デメリットとしては、春先に雨が続いてしまうことがあり、工事が中断される可能性があることです。

また、強風によって砂埃や黄砂などが舞って、外壁に付着してしまうこともデメリットとなります。

 

 

梅雨の塗装工事

6月7月は梅雨の時期なので雨の日が多くなってしまい、また湿度も高くなる傾向があります。

雨が降ってしまうと、その雨によって塗装が流れ落ちてしまいます。

そのため、雨の日は工事自体が中断され、その分工期が延びてしまうことがデメリットです。

ただし、湿度を守って塗装をおこなうことで仕上がりには影響が出ないので、問題なく工事を進めることができます。

 

 

夏の塗装工事

夏に塗装をおこなうメリットは、気温が高いので塗料が乾くのが早いという点です。

梅雨の時期も過ぎ、雨が長く降ることもないので、予定通りの期間で工事を進めることができるでしょう。

デメリットとしては、工事中に窓を閉め切った際に、暑すぎて快適には過ごせない可能性があることです。

エアコンを使用できれば良いですが、エアコンの室外機も養生することが多いので、その場合は暑い中で過ごさなければいけません。

そのため、工事中にも快適に過ごしたい方は、夏は避けた方がよいかもしれません。

一方、工事自体を早く終わらせたい方は、夏の時期におこなうとよいでしょう。

 

 

秋の塗装工事

秋も春と同様に気候が安定していて湿度も低いため、塗料が乾きやすいメリットがあります。

そのため、工事を予定通りスムーズに進めることができるでしょう。

また、気温も高くないので、窓を閉め切った状態でも快適に過ごすことができます。

しかし、9月・10月は台風が多くなる時期で、また秋の長雨が起こる時期でもあります。

そのため、場合によっては工事が中断され、工期が延びてしまうことがデメリットとなるでしょう。

 

 

冬の塗装工事

冬に塗装をおこなうメリットは、窓を閉め切っていても快適に過ごせるという点です。

デメリットとしては、冬は日照時間が短いために作業時間も短くなってしまうので、工期が延びてしまうことです。

また、気温が5℃以下になったり結露や霜などができたりすることによって、工事が中断する場合もあります。

工期に期限がなく、急いでいない方には向いている季節になるでしょう。

 

 

当社の外壁塗装については、「外壁塗装・屋根塗装」からご確認ください。

 

 

 

まとめ

 

外壁塗装に最適な時期は、春と秋になります。

しかし、それ以外の季節ではできないのかといったら、そうではありません。

天候や気温・湿度などによって工期が延びる可能性はありますが、急いでいない方にとってはそれほどデメリットにならない場合もあります。

そのため、最適な時期はしっかり把握した上で、自分に合った季節を選ぶと良いでしょう。

 

*K*

 

 

当社では、無料診断をおこなっておりますので「プロが見る無料診断」からぜひご利用ください。

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

東京都立川市の外壁塗装店【INGコーポレーション】

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます