ブログ

メンテナンスフリーの外壁材はある?メンテナンスフリーにするポイントを解説

2022.9.10

メンテナンスフリーの外壁材はある?メンテナンスフリーにするポイントを解説

 

マイホームを購入して築年数が経つにつれて気になるのが、外壁のメンテナンスではないでしょうか?

外壁のメンテナンスの費用は100万前後と決して安くはないため、簡単にできるものではないと思います。

そのため、メンテナンスフリーな外壁材はないのかな?と考える方もいるでしょう。

では、そもそもメンテナンスフリーとはどのようなことを意味しているのでしょうか?

この記事では、メンテナンスフリーの外壁材について詳しく解説します。

また、メンテナンスフリーに近づけるためのポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

メンテナンスフリーの外壁材はある?

 

メンテナンスフリーの外壁材はある?メンテナンスフリーにするポイントを解説

 

メンテナンスフリーの外壁であれば費用や手間がかからないので、とても魅力的に感じるでしょう。

しかし、メンテナンスフリーとは何を意味しているのかわからないことも多いと思います。

まずは、メンテナンスフリーについて解説します。

 

 

メンテナンスフリーとは?

そもそもメンテナンスフリーとはどのようなことをいうのでしょうか?

メンテナンスフリーと聞くと、メンテナンスが全くいらないことだと思われるかもしれませんが、それは違います。

メンテナンスフリーとは、「なるべくメンテナンスをしなくても大丈夫」「耐用年数が長くてメンテナンスの頻度が少ない」ということを意味しています。

メンテナンス自体が全く必要ではない「ノーメンテナンス」とは異なるのです。

そのためメンテナンスフリーの外壁といわれても、あくまでもメンテナンスは必要だということを頭に入れておきましょう。

 

 

メンテナンスフリーの外壁材はある?

メンテナンスフリーとはなるべくメンテナンスをしなくても大丈夫という意味ですが、ではメンテナンスフリーの外壁材はあるのでしょうか?

現在、外壁材には全くメンテナンスが必要ないノーメンテナンスの外壁は存在しません。

しかし、汚れにくく塗り替えの頻度を少なくすることができるメンテナンスフリーの外壁材は存在します。

メンテナンスフリーの外壁材については次で解説します。

 

 

 

メンテナンスフリーの外壁材

 

メンテナンスフリーの外壁材はある?メンテナンスフリーにするポイントを解説

 

メンテナンスフリーの外壁材には以下のようなものがあります。

 

 

タイル

タイル自体のメンテナンスは元々必要ありません。

ただし、タイルとタイルをつなぐ際にできる目地にはコーキングが打ってあり、そのコーキングが劣化した場合は補修が必要になります。

タイルの初期費用は高いですがその分メンテナンスの費用はかからないので、総合的に考えた場合にはコストパフォーマンスが良い外壁材になります。

 

 

窯業系サイディング

窯業系サイディングは、耐震性や耐火性に優れています。

現在の家の外壁には多く使用されており、メンテナンスが簡単という特徴があります。

 

 

金属系サイディング

金属系サイディングは耐水性・耐久性にとても優れており、汚れにくく傷つきにくいという特徴があります。

耐用年数が30~40年ほどと長いため、メンテナンス頻度が少ない点もメリットになります。

 

 

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは塩化ビニルを主成分としており、色褪せしにくいのが特徴です。

耐久性・耐震性にも優れており劣化しにくいため、メンテナンスの頻度を抑えることができます。

 

 

 

メンテナンスフリーの外壁に近づけるポイント!

 

メンテナンスフリーの外壁材はある?メンテナンスフリーにするポイントを解説

 

メンテナンスの頻度を抑えたい場合にはどうしたらよいのでしょうか。

メンテナンスフリーの外壁に近づけるためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

 

 

耐用年数の長い塗料を塗る

耐用年数の長い塗料を塗ることで、外壁材自体の耐候性を高めることができます。

塗料別の耐用年数は以下になります。

・アクリル系塗料:5~7年

・ウレタン系塗料:7~11年

・シリコン系塗料:11~14年

・フッ素系塗料:15~20年

・無機塗料:15~25年

 

シリコン塗料やフッ素塗料などは耐候性が高いため、耐用年数も長いです。

また、最近では無機塗料という無機成分を主成分とした塗料があり、耐候性と防汚性にとても優れています。

 

塗料について詳しく知りたい方は、「塗料について」からご確認ください。

 

 

目地の耐候性を高める

目地コーキングには地震などの揺れから建物を守る役割があり、外壁材のひび割れを防いでくれます。

もし目地コーキングがひび割れた場合、そこから雨水が浸入して外壁材が腐食してしまう可能性があります。

そのようなことが発生しないためにも、目地の耐候性をよくすることでメンテナンスフリーの外壁に近づけることができるでしょう。

 

 

 

まとめ

メンテナンスフリーとは全くメンテナンスが必要ないわけではなく、メンテナンスをなるべくしなくても済むということを意味しています。

外壁材にはメンテナンスフリーのものもあるので、しっかりと把握しておくとよいでしょう。

また、メンテナンスフリーに近づけるポイントも抑えて対策をおこないましょう。

 

*K*

 

 

当社では、無料診断をおこなっておりますので「プロが見る無料診断」からぜひご利用ください。

 

東京都立川市,小平市,福生市,武蔵村山市,東村山市,東大和市,国立市,国分寺市,昭島市,日野市,その他エリアも対応可能で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

東京都立川市の外壁塗装店【INGコーポレーション】

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます