現場レポート

東京都国分寺市 屋根・外壁塗装工事 サッシのコーキング打ち替え

2021.9.6

サッシのコーキングの打ち替えの画像

東京都国分寺市の現場にてサッシのコーキング打ち替えを行いました。

サッシの周囲には水が入ってこないようにコーキングを打って防水処理がされています。

サッシから雨漏りすることも多いですので、劣化症状には注意しておきましょう。

 

INGコーポレーションは無料で建物診断を実施しております。

詳しくはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

サッシのコーキングの打ち替えの画像

 

まず、既存コーキングをカッターで剥がしてしていきます。

劣化したコーキングは硬くなっていますので、外壁を傷つけてしまわないように注意しながら慎重に行うことが大切です。

 

サッシのコーキングの打ち替えの画像

 

コーキングの劣化症状には硬化の他にひび割れや収縮による隙間ができてしまうことなどがあります。

劣化症状は水の侵入の恐れがあり、2階のサッシだと状態を確認することが難しいため劣化した状態を放置してしまうことも多いです。

 

雨漏りは建物に甚大な被害を与えてしまいますので、なるべく被害が出る前にメンテナンスしておくことが望ましいです。

 

サッシのコーキングの打ち替えの画像

 

コーキングを剥がしたらマスキングテープで養生をし、充填箇所にプライマーを塗ります。

プライマーは接着剤の役割があり、コーキングが下地から剥がれにくくなります。

 

サッシのコーキングの打ち替えの画像

 

プライマー塗布後はコーキングを充填して打ち替えが完了です。

仕上げにヘラを使って表面を均してあげると見た目がきれいになります。

コーキングの耐用年数は3〜5年ほどとなっていますので、外壁塗装を行う際は一緒にメンテナンスをしてあげましょう。

 

コーキングの打ち替えについてはこちらの「コーキングについて」もぜひご参考にしてください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る