現場レポート

東京都国分寺市 屋根・外壁塗装工事 シーリング工事

2021.9.7

庇のコーキング打ちの画像

東京都国分寺市の現場にてシーリング工事を行いました。

建物にはいろいろな部材が取り付けられていて、外壁の取り合い部にはコーキングが打たれています。

 

これは取り合い部のところに隙間ができるからで、わずかな隙間ですがコーキングで塞いでおかないと水が入ってきてしまい壁内にある柱などの構造体を濡らしてしまいます。

 

木造住宅だと水の侵入は特に気をつけないければいけないことで、木材が水に濡れてしまうと腐食してしまうため、しっかり防水処理をしておくことが大切です。

 

上記の写真は庇と外壁の取り合い部にコーキングを打ったところです。

 

幕板のコーキング打ちの画像

 

こちらの現場では幕板が取り付けられていましたので、幕板上部のところにコーキングを打っています。

外壁から伝う水が幕板の上に溜まりますので、コーキングで隙間を塞いでおく必要があります。

 

笠木のコーキング打ちの画像

 

続いてベランダの笠木と外壁の取り合い部のところです。

ベランダは雨漏りを起こしやすい場所ですので、防水に関わるところはしっかりメンテナンスをしておくことが大切です。

 

ルーフバルコニーだと下が部屋ですので、もし水が入ってしまうとそのまま下の部屋にまで水が流れてきてしまうので注意しましょう。

 

ガラリのコーキング打ちの画像

 

最後にガラリです。

コーキングは建物の至る所に打たれています。

経年劣化するとひび割れてきて隙間ができるため防水性能が落ちてきます。

 

壁内に水が入ると建物の性能が落ちてしまいますので、外壁塗装を行う際はコーキングの打ち替えを行っておくこともおすすめします。

 

コーキングの打ち替えについてはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る