現場レポート

東京都国立市 外壁塗装工事 外壁・門塀・鉄骨の塗装

2021.9.11

施工後の画像

東京都国立市のお客様から塗装工事のご依頼をいただきました。

こちらの建物の外壁はモルタルで施工されています。

モルタルは性質上吸水性がありますので、モルタルを塗った後は塗装をして防水性をもたせる必要があります。

 

施工後の画像

 

こちらの現場では外壁と一緒に門塀も塗装しています。

門塀は外壁と同じ模様で仕上げられているため、統一感のとれるように同じ色で塗装しました。

 

モルタル外壁や門塀は、下地に水が浸透すると塗膜が浮いてしまう症状がでてくるため、塗装の劣化には注意する必要があります。

 

もし、塗装が浮いてしまっていると下地に塗料が密着していないということになりますので、再塗装をする際は下地から浮いた塗装を剥がさなければいけません。

 

工程が増える分、工事費用にも影響してきますので、費用を抑えるためにも劣化が進んでいないうちにメンテナンスをしておくことが大切です。

 

劣化症状についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

付帯部塗装の画像

 

付帯部には鉄骨で組んでいるところがありましたので、こちらも塗装をしています。

鉄は塗装が劣化していると錆を発生させてしまうため、事前に塗装して保護する必要があります。

 

付帯部塗装の画像

 

鉄部の塗装は下地処理後、錆止めを塗布して上塗りを2回行います。

鉄骨を継ぐボルト部分は錆がでやすいので塗り残しがないようにしっかり錆止めを塗ることが大切です。

 

塗装工事の工程についてはこちらの「塗装工事の流れ」をご覧ください。

 

それでは今回の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装現場の作業をご紹介していきますので、楽しみにしていてください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る