現場レポート

東京都国立市 屋根、軒天井の塗装

2021.9.12

屋根塗装の画像

東京都国立市の塗装現場の続きです。

こちらの現場では金属屋根の塗装を行いました。

 

棟板金は劣化していると釘が抜けていたり、継ぎ目のコーキングが劣化していたりするので、塗装前に補修を行います。

 

風で棟板金が飛ばされてしまうことが多くありますので、ちゃんと不具合を直しておくことが大切です。

自然災害での損傷の場合は、火災保険を利用して修理できることがあり、予期しない出費の負担を軽減することができます。

 

火災保険の詳しいことは「火災保険・地震保険の利用」でお伝えしておりますので、こちらをご覧ください。

 

屋根塗装の画像

 

屋根に取り付けてある雪止めは経年劣化してくると錆が発生し、雨に流れて屋根を汚してしまいます。

美観性の低下につながりますので、定期的に屋根の状態を確認して適切なタイミングで塗装しましょう。

 

INGコーポレーションは無料で建物診断を実施しておりますので、メンテナンスの際はお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

軒天井塗装の画像

 

軒天井の塗装は湿気対策のため透湿性のある塗料を使いました。

塗料はいろいろな種類があり、素材や環境によって適したものが異なります。

軒天井の場合は湿気がこもりやすいこともあって湿気を通すことができる透湿性のある塗料が適しています。

 

塗装工事をお考えの方は塗装する場所に合わせて塗料を選ぶことをおすすめします。

 

塗料のことをもっと知りたいという方はこちらの「塗料について」をご覧ください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る