現場レポート

東京都国立市 H様邸 外壁・屋根塗装工事 屋根の補修

2021.9.25

屋根補修の画像

東京都国立市の現場にて、屋根の補修作業を行いましたので、現場レポートをご紹介していきます。

屋根に取り付けられている板金は釘を打ち込んで固定をしていますので、釘穴から水が入らないようにコーキングで防水処理をします。

 

コーキングは太陽の紫外線などで経年劣化してきますので、塗装を行う際は事前にコーキングを打ち直しておきます。

 

屋根補修の画像

 

板金の下には貫板という木の下地材があります。

水が入ってきてしまうと腐食してしまう恐れがあり、もし腐食してしまうと板金を取り外して新しい下地材に交換しなければいけません。

 

また、雨押さえのような板金は一部外壁の中に入って取り付けられていますので、簡単に取り外すことができず補修するのにも手間がかかります。

 

工事手間が増えるほど費用も嵩んでしまいますので、費用を抑えるためにもできるだけ痛まないうちにメンテナンスをしておきましょう。

 

INGコーポレーションは無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

屋根補修の画像

 

屋根補修の画像

 

補修後はコーキングの色が目立ってしまいますが、塗装をすれば目立たなくなります。

 

屋根補修の画像

 

板金の接合部も隙間ができますので、コーキングを打って塞いでおきます。

屋根は雨漏りを起こしやすい場所ですから、定期的にメンテナンスをしておくことが大切です。

 

シーリング工事についてはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

板金の不具合がありましたら、塗装のタイミングで補修をしておくことをお勧めします。

風で板金が飛ばされてしまう被害も多く起こっておりますので、被害が出る前に直しておきましょう。

 

自然災害での損傷の場合は火災保険が使えることがありますので、詳しくはこちらの「火災保険・地震保険の利用」をご覧ください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る