現場レポート

東京都立川市 外壁・屋根塗装工事 屋根クラック補修 Y様

2021.11.26

クラック

東京都のY様邸より

引き続き外壁・屋根塗装工事について、ご紹介させていただこうと思います。

 

今回はタイトルの通り、屋根のクラックを補修していきます。

前回の記事では施工前に建物の洗浄を行いました。

今回のクラック補修なども含めて、下地処理と言われており、塗装工事では大変重要な工程となっておりますので、まだご覧になっていない方は「 東京都立川市 外壁・屋根塗装工事 下地処理 高圧洗浄 Y様」よりご確認ください。

また、他の下地処理は「施工の前の下地処理」から確認できますので、合わせてご覧ください。

 

そもそもクラックとは外壁のひび割れのことです。
外壁にひびが入ったままで放置しておくと、水の侵入、支柱の腐食、シロアリの発生、サビ付いたりと様々な劣化の症状が発生する原因となる。

 

補修にはコーキング材を使用します。

クラック クラック クラック

乾くとゴム状になる弾性の目地材で、気密性や防水性が高いのが特徴です。

屋根のクラックが見られる場所に、コーキングガンで充填し、パテを使って成形したら乾燥を待ちます。

 

“N”

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

東京都立川市の外壁塗装店【INGコーポレーション

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る