施工事例

東京都国立市 外壁塗装 シーリング工事 ひび割れ補修 屋根板金補修 防水工事 付帯部塗装 

  • 東京都国立市 外壁塗装 シーリング工事 ひび割れ補修 屋根板金補修 防水工事 付帯部塗装 

    Before

  • 東京都国立市 外壁塗装 シーリング工事 ひび割れ補修 屋根板金補修 防水工事 付帯部塗装 

    After

担当からのコメント

モルタル外壁(セメント・砂・水を練って作るモルタルでできた外壁)のI様邸の施工事例です。

モルタル外壁は経年により、表面を覆う塗膜が劣化すると、模様のくぼみに汚れがたまってしまいます。

このような症状がみられた場合、外壁塗装をするタイミングとなります。

足場設置を終え、早速外壁の洗浄作業へと入ります。

高圧洗浄機を使用することから、この作業は高圧洗浄と呼ばれています。

高圧洗浄をする事により、モルタル外壁の模様のくぼみにたまっていた汚れも、きれいに洗い流すことできます。

塗装前に外壁のコンディションを整えること、これこそが高品質な外壁塗装をするために重要な作業となります。

洗浄作業を終え、窓ガラスやインターホンなど、塗装をしない部分をビニールシートで養生します。

窓枠の下など、軽微なクラックが見受けられました。

このまま放っておくと、後に大掛かりな補修になってしまうので、今のうちに補修を行うようにご提案させていただきました。

まずは、クラックの中に補修剤を打ち込むため、カッターを使用しV字に口を広げ、広さと深さを確保し、接着剤の役目となるプライマーを塗布していきます。

その後、プライマーがしっかりと乾燥したのを確認した後、シーリング材をしっかりと奥まで打ち込んでいきます。

シーリング材を充填したらヘラで均し表面を平滑に仕上げます。

ひび割れ補修工事が完了したら、外壁を塗装する工程へと移ります。

下塗り専用の塗料フィラーで、モルタル外壁の微細なひび割れを埋めて、表面を平らにならし、汚れが付きにくく、柔軟性を兼ね備えたダイヤスーパーセランフレックスで、上塗りを行って行きます。

外壁塗装工事が完了し、屋根の板金を補修し、防水工事も行いました。 

付帯部塗装も丁寧に仕上げ、最後の点検を終え、今回の前施工が完了しました。

施工内容外壁塗装 シーリング工事 ひび割れ補修 屋根板金補修 防水工事 付帯部塗装 
使用材料スーパーセランフレックス
工事日数17日間

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る