現場レポート

国分寺市 外壁 屋根 塗装 外壁塗装 屋根塗装 見積り 雨もり 修理

2019.5.24

本日は国分寺市にて屋根塗装の下地処理を行ってきました。天気も良かったためスムーズにすすみました。

外壁塗装は、古くなった外壁に塗料を塗って終わりというわけではありません。
塗料を塗るための下準備が大変重要です。

下地処理とは、外壁塗装や屋根塗装をする前に、塗装する面をきれいに整えることをいいます。

外壁は傷んでくると壁面にひび割れや剥がれ、ふくれなどの症状がみられます。塗料を塗る前に傷んでいる部分を補修することを、下地補修といいます。

外壁塗装も屋根塗装も、まずは下地処理から始めなければなりません。塗装をする前に塗装面の汚れをしっかり落としてきれいな面にしなければ、どんなに良い塗料を塗っても塗料の性能が十分に発揮されなくなってしまうからです。

最近では、機能性の高い塗料がたくさん出ていますが、せっかく良い塗料を塗装する事にしても、下地がきれいになっていなければ何の意味もありません。

まず塗装をする前に、塗装する面の汚れを高圧洗浄できれいに落とします。
次に汚れをきれいに落としたら、塗装面をなめらかにするためにケレンと言う作業をします。汚れや錆は塗料を素材に密着させるためには事前に取り除いておく必要がありますし、また表面がツルツルとした素材の場合は塗装面にあえて凸凹の傷をつけることで塗料の密着性を高める必要があります。

外壁面のクラックや劣化したシーリングをそのままの状態で塗装をすると、一度は塗料で埋まるのでキレイな仕上りに見えますが、時間の経過とともに塗料がすぐに剥がれてしまい、もともとあったヒビがまた見えてしまいます。

高圧洗浄で汚れを落とし、きれいな塗装面を作る。傷などがあった場合は、その傷などにあった補修の方法でしっかり下地を補修する。細かい所までしっかり補修を行ってもらうことが、塗料の性能を発揮させる重要な工程となります。

以上のように、塗り替えをする場合は下処理が非常に大切な作業になります。この大切な下処理を怠ると、10年以上持つ塗料でも何年も経たないうちにはがれてきてしまいますので、下処理を怠らず丁寧な作業が必要不可欠です。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る