現場レポート

東京都国分寺市 屋根・外壁塗装工事 コーキング打ち替え

2021.9.2

既存コーキング剥がしの画像

今回の現場レポートはコーキングの打ち替え作業をお伝えします。

サイディング外壁は目地にコーキングが打たれていますので、定期的に打ち替えが必要です。

 

外壁塗装が10年ほどのメンテナンス周期ですので、このタイミングで一緒にコーキングを打ち替えることをおすすめします。

 

まず、古くなったコーキングを剥がしていきます。

劣化が進んでいるコーキングは硬くなっていますので、剥がすときに力の勢いで外壁を傷つけないように注意する必要があります。

 

プライマー塗布の画像

 

コーキングを剥がしたら次はプライマーを塗ります。

目地の両端には外壁にコーキングがつかないようにマスキングテープを貼って養生をしておきます。

 

コーキング打ち替えの画像

 

プライマーは接着剤の役割があり、コーキングが下地から剥がれにくくなります。

プライマー塗布後はコーキングガンという専用の道具を使ってコーキングを隙間ができないように充填していきます。

充填後はヘラで表面を均し、その後にマスキングテープを剥がして打ち替えが完了になります。

 

施工後の画像

 

コーキングは時間が経つと硬化してくるため、なるべく手際よく作業する必要があります。

コーキングが打たれているところは、建物の防水に重要なため劣化した状態を放置しないことが大切です。

劣化症状が進むと最悪は雨漏りを引き起こしてしまう恐れがありますので、なるべく事前にメンテナンスをしておきましょう。

 

コーキング工事については「コーキングについて」でもお伝えしておりますので、良ければこちらもご覧ください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る