現場レポート

東京都国分寺市 屋根・外壁塗装工事 棟板金の補修

2021.9.3

屋根施工前の画像

今回の現場レポートは屋根の補修作業をご紹介していきます。

屋根の塗装を行うときは、塗装前に劣化しているところを補修しておきます。

 

屋根は雨の影響を受けやすく損傷を起こしていると雨漏りを引き起こす恐れがありますので、被害が出る前にメンテナンスしておくことが大切です。

 

屋根に登るのは非常に危険のため、屋根の状態を知りたいという方は専門業者に依頼して点検してもらいましょう。

INGコーポレーションは無料で建物診断を行っておりますので、お家のことでなにかお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

屋根補修の画像

 

年数の経っている棟板金は釘の浮きや抜けが起きていることがあります。

棟板金の下には貫板という下地材が取り付けられていて釘で固定されているのですが、釘の効きが悪くなると固定強度が低下してくるため、釘やビスなどで打ち直す必要があります。

 

棟板金は風で煽られて飛ばされてしまう被害が多く起きていますので、なるべく被害が出る前にメンテナンスしておくことをおすすめします。

 

自然災害により損傷を起こしてしまった場合は火災保険を利用して修理できることがあります。

火災保険は予期しない修理にかかる費用の負担を軽減することができますので、万が一のことも考えて加入する火災保険の内容を確認しておくことをおすすめします。

 

火災保険についてはこちらの「火災保険・地震保険の利用」をご覧ください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る