現場レポート

東京都国分寺市 屋根・外壁塗装工事 棟板金のコーキング補修

2021.9.4

屋根補修の画像

東京都国分寺市の塗装現場の続きをお伝えします。

前回に引き続き棟板金の補修作業です。

棟板金に打ち付けられている釘の補修が完了したら、その上にコーキングを打って隙間を塞ぎます。

 

水はわずかな隙間からでも入りますので、こうやって隙間を塞がないと水が入って板金の下にある下地を濡らしてしまいます。

下地材は木材ですので、水に濡れると腐食するためコーキングを打って隙間をふさいでおかないといけません。

 

屋根補修の画像

 

コーキングは棟板金の継ぎ目にも打ってあります。

屋根は太陽の紫外線の影響が大きくコーキングの劣化も早まり、劣化するとひび割れを起こし防水性が低下してくるため、定期的に状態を確認しておくことが望ましいです。

新しく打ち直すコーキングも劣化速度を考慮して耐候性に優れるものを選ぶといいでしょう。

 

コーキングのことは「コーキングについて」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

屋根補修の画像

 

補修後はコーキングの色が目立ちますが、この後に塗装をすれば跡は目立たなくなりますのでご安心ください。

屋根塗装も外壁塗装も今回お伝えした補修作業や塗装前に行う下地処理が塗装の品質に大きく影響してきます。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る