現場レポート

東京都国分寺市 ベランダ防水工事 プライマー塗布〜トップコート塗装

2021.9.17

ベランダ防水塗装の画像

東京都国分寺市の現場の続きをお伝えします。

ベランダ床の下地処理が終わったら次はプライマーを塗ります。

 

プライマーは接着剤の役割がある下塗り材です。

プライマーを塗ると塗料が下地から剥がれにくくなります。

 

ベランダ防水塗装の画像

 

床と立ち上がりの取り合いは、塗料がのりづらいですので、丁寧に塗装していくことが大切です。

下地から塗料が剥がれてしまっては耐久性の高い塗料で塗っても意味がありません。

外壁塗装と同様に下地処理を適切に行い、一つ一つの工程を丁寧に行なっていくことが重要です。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

ベランダ防水塗装の画像

 

プライマーが塗れたら乾燥するまで待ち、その後にトップコートを塗装します。

最初に床を塗装してしまうと作業スペースがなくなってしまいますので、まず立ち上がりから塗装をしていきます。

 

サッシ下も床が立ち上がっています。

ここは覗き込まないと見えない場所ですから塗り残しがいないように注意が必要です。

 

サッシで隠れてしまっているから水の影響はそこまでないのでは?と思うかもしれませんが、サッシの水切りで水が伝ってきますので、防水がしっかりできていないと水が屋内に流れていってしまいます。

 

雨漏りは建物に甚大な被害を与えてしまいますから、なるべく被害が起きる前にメンテナンスをしておくことです。

建物の状態を知りたいという方は当社の無料診断をご利用ください。

 

詳しくはこちらの「プロが見る無料診断」でお伝えしておりますので、ご参考にしてください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回は防水塗装の仕上げと施工後をお伝えしますので、楽しみにしていてください。

 

ベランダの防水塗装についてはこちらの「防水工事」をご覧ください。

“mu”

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る