現場レポート

東京都立川市 屋根塗装 経年劣化 サビ止め

2020.9.20

今回は東京都立川市のお宅の屋根塗装です。

もうずいぶん放っておいてるので、さすがにそろそろ何かしないとと思って…とお電話をいただきました。

トタン屋根のお宅で、さっそく点検させていただくとサビがかなり進んでいました。

このままでは雨漏りが心配です。

屋根の葺き替えなども考えられますが、塗装だけにしたいとのことでした。

 

今回はサビも出ているのでもちろん何らかの対処がいりますが、サビがなくても

たとえば色あせが出ている場合でも、それは以前の塗膜がはがれてしまっているということですから

塗装をおすすめします。

塗膜のはがれ=防水機能の低下ですから、屋根材の傷みにつながります。

 

さて屋根塗装についてですが、下地処理を含めさまざまな工程があります。

 

屋根塗装について詳しくは⇒こちら

 

下地処理といわれる工程でしっかりサビ止めをします。

そして塗料の仕様書通りに塗っていくのですが、ときには五度塗りになることも。

塗装は技術とともに、塗料の仕様書をきちんと守ることが大切です。

ここをいいかげんにすると、耐久性が落ちます。

 

下地処理について詳しくは⇒こちら

 

きれいに塗装された様子を写真でお見せし、ご安心いただきました。

このたびのご依頼ありがとうございました。

 

☆M

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る