現場レポート

東京都国分寺市 屋根塗装 タスペーサー取り付け

2022.3.16

 

本日は引き続き、東京都国分寺市でおこなった屋根塗装の様子をお伝えします。

 

前回は屋根の下塗り作業が完了しました。

 

クラック補修と下塗りの作業が終わったので、次はタスペーサーを取り付けていきます。

 

タスペーサーとはあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、屋根塗装をおこなう際に必要な道具です。

 

 

 

タスペーサー取り付け

 

 

1枚のストレート瓦に対して、2枚のタスペーサーを取り付けました。

 

屋根塗装をする際には、「縁切り」という作業をおこないます。

 

縁切りとは、屋根を1枚1枚離して、屋根と屋根の間に隙間を作る作業のことです。

 

従来は、塗装完了後にカッターで1枚1枚切っていましたが、今はこのタスペーサーでおこなうのが主流になっています。

 

縁切りは、建物内部の結露を防ぎ、雨漏りを防ぐために大切な作業になります。

 

 

 

タスペーサー取り付け完了

 

 

このように、屋根のタスペーサー取り付けが完了したので、次回は中塗りと上塗りをおこない、仕上げていきます。

 

屋根塗装についてはこちらから「外壁塗装・屋根塗装」

 

*K*

 

 

当社では、無料見積もりをおこなっておりますので、ぜひご利用ください。

「プロが見る無料診断」

 

立川市、国分寺市、国立市で、塗装工事、屋根工事のことなら、INGコーポレーションへお気軽にご相談ください。

東京都立川市の外壁塗装店【INGコーポレーション】

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます